営業で指名率アップ!

京都のキャバクラで指名をたくさん貰うためには、営業も行いましょう。
そのために有効なのが、電話番号やLINEのIDの交換です。
スマートフォンという現代ならではのアイテムを上手に使い、指名を勝ち取りましょう。

  2台持ちがおすすめ!

すでに所持しているスマホを仕事に使うこともできますが、可能ならもう1台仕事専用のスマホを用意することをおすすめします。

プライベート用と仕事用に分けることでメリハリが付けやすくなり、またこの仕事を引退する時も人間関係を簡単に清算することができます。
個人情報はなるべく隠したいという人も、仕事用を作った方がいいでしょう。

  電話での営業術

お店に来て貰うために営業を行うわけですが、だからと言ってそのことをダイレクトに伝えるのはあまり良い方法とは言えません。
あくまでもプライベートな電話を装い、仕事以外の時でも話をしたがってくれているとを感じさせることが重要です。

人間ですからそうなれば情も湧きますし、店に来てくれる確率は高まります。
また電話はLINEやメールよりも少し重いので、頻度を控えることも重要です。
特にお客様が既婚者の場合は、そのタイミングには配慮をしなくてはいけません。

  LINEでの営業術

LINEやメールも同様に、ダイレクトに来て欲しいという表現はなるべく避けた方がいいでしょう。
ただ店が何かのイベントを行っていた時や、前回来た時からしばらく間隔が空いている場合はその限りではありません。

毎日のように「店に来て欲しい」というメッセージを送るよりも、たまに「会いたい」とメッセージを送る方がグッと効果は増します。
イベントの時やしばらく来店していない時は、そのようなメッセージを送る良いタイミングと言えます。
また文章だけではなく絵文字やスタンプも使い、メッセージを華やかに彩りましょう。

  まとめ

電話やLINEでの営業には、こうしたテクニックがあります。
勤務時間外にこのような方法で営業をすることは、強制をされているわけではなくとも勤務時間外の労働と言えます。

しかし上手くいけば大きな実を結び、人気キャストへの階段を上がることにも繋がりますので、キャバクラという世界で何としても一流になりたいという人は、電話やLINEによる接客術を身に付けましょう。
そうすれば普通のアルバイトではあり得ない高収入を、さらに高みにのぼらせることができますよ。